舟弘「天慶」の小鉋で小鉋のイメージが変わった - 職人が愛して止まない道具について語るブログ

daiku2.jpg

舟弘「天慶」の小鉋で小鉋のイメージが変わった

「天慶」の小鉋(48mm)を使って、小鉋に対する考え方が変わりました。
小鉋だから質の落ちた鋼や鉋でも良いといった考えは間違えだと実感しました。

今の木工は機械加工が主で、手工具を使った仕事はめっきり減りました。
平鉋を使う機会より小鉋を使う仕事の方が多いはずですし、良いものであれば
平鉋並みに仕上げられる。
使用頻度の多い小鉋だからこそ、質の高いモノを使うべきかもしれない。

何より小鉋でも、仕上がり感が良く精度が高く使えるものであれば使用頻度や、
使い勝手から考えると小鉋の方も良いものを選びたいと思います。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 職人が愛して止まない道具について語るブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。