素朴な仕上げの鑿(のみ)、清忠 - 職人が愛して止まない道具について語るブログ

daiku2.jpg

素朴な仕上げの鑿(のみ)、清忠

私の追い入れ鑿(のみ)は、東京の鑿鍛治の「清忠」です。
仕上げは素朴な感じですが、切れ味は抜群です。

砥ぎ味は、鑿を研いでいる感じより幅の狭い鉋刃を砥いでいるような感じがあります。

残念なのは、9年ほど前に鑿を鍛のをやめてしまったことです。
切り出し小刀も使っていますが、樫の木でも良く切れて重宝しています。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 職人が愛して止まない道具について語るブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。