舟弘の白引き - 職人が愛して止まない道具について語るブログ

daiku2.jpg

舟弘の白引き

舟弘作、曲がり白引き。
白引きは、木工で加工墨(加工する目印の線)を付けるときに使う小刀よりも小さい刃物です。
40.jpg
36.jpg
大工のように墨を使った墨付けではなく、木工や指物ではより精巧に墨付けするために、この刃物で切り筋を付けてそれを墨線とします。もちろん加工後に残るような所の墨線には、鉛筆を使います。
この白引きは、やや厚めで手になじみやすく曲がっているため、握りやすく力を入れて線を入れやすくなっています。切れ味は、さすが舟弘作で鑿(のみ)のように切れます。
39.jpg
線を引くだけの刃物にいておくにはもったいなくらいの切れ味があります。
鉛筆を削ると、小刀なみに切れます。
刃幅が無いので、小さな所に限定されますが線を引く以外にいろいろと活躍させられます。
一般的な白引きの刃角度で研いでしまうと、刃が材料に食い込みすぎる傾向があり、またいろいろな場面で使うこと考慮して、刃角度の研ぎ角度をややたてぎみにしてあります。
37.jpg
ちょうど鑿(のみ)と同じくらいの刃角度にしてあります。
研いだ感じも、鑿を研いでいる様な研ぎ味です
白引きとしては少々高価ですが、小さな刃物(小刀)とした考え方で使う刃物としてなら納得です。
実に使い勝手のある、おもしろい白引き(刃物)です。
隠れた名品かも知れません。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 職人が愛して止まない道具について語るブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。