惜しくてなかなか使えない白引 - 職人が愛して止まない道具について語るブログ

daiku2.jpg

惜しくてなかなか使えない白引

十年ほど前に購入した清忠の白引です。
266.jpg
清忠さんはもともと鑿鍛冶で、切れ味に定評のある優秀な鑿を
作られておられました。
ちなみに追い入れ鑿を私も愛用しております。
一級技能士を取得するときなど、ここぞと言う仕事で活躍してます。
9.jpg
かつて、大昔初代の清忠はまだ名が売れてない頃は、その優秀さから有名な名の鑿を
代わりに打っていたとの伝説もあります。
そんな清忠さんも、鑿鍛冶をやめてしまわれて、もう購入できなくなっております。
268.jpg
特徴としては地金の部分、持ち手の部分と言うのでしょうか、
その部分がしのぎ鑿のように内側から外に向け薄くなっており
中側が山形に厚くなっております。
273.jpg
こうなっていると何が良いかと言いますと、持った時に
人差し指と中指の間に地金の山がフィットして固定されます。
安定して白引きを持ち、線が正確に引けやすいのです。
この造りの白引きはほかで見たことがなく大変貴重な道具です。
267.jpg
造りがしのぎ鑿のような作りですので、裏の仕上げが
難しいと思いますが、裏もきれいに削ぎだされており
裏押しがしやすくきれいに裏とぎができます。
272.jpg
表の研ぎは、しのぎ鑿と同じような形状ですので
転びやすく研ぐのに少々慣れがいりますが使いやすい
貴重な道具です。
271.jpg

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 職人が愛して止まない道具について語るブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。